2010年03月12日

日弁連会長に宇都宮氏=現執行部派制す−法曹人口削減訴え(時事通信)

 法曹人口問題が争点となった日弁連の次期会長選の再投票が10日行われ、即日開票の結果、東京弁護士会所属の宇都宮健児氏(63)が、現執行部の流れをくむ前日弁連副会長山本剛嗣氏(66)を破り、当選した。来週の選挙管理委員会で正式に確定する。任期は4月から2年間。
 先月5日の1回目の投票では、両氏とも日弁連の会則に定められた当選条件を満たさず、初の再投票にもつれ込んでいた。
 選挙では、宇都宮氏が「司法試験合格者数を当面、1500人程度に減らすべきだ」と訴えたのに対し、山本氏は「検討組織を立ち上げ、1年以内に結論をまとめる」と急激な削減に慎重な姿勢を示した。 

【関連ニュース】
法科大学院の改革に着手=司法試験合格数、目標修正も
法曹養成改革で作業部会=司法試験、法科大学院の実態踏まえ
日弁連会長選、初の再投票に=法曹人口問題が争点
旧司法試験、92人が合格=法務省

新聞猛反発の「クロスメディア規制」 「制度のあり方を検討」(J-CASTニュース)
<スカイマーク>機長交代不適切 国交省が会長らに厳重注意(毎日新聞)
小林千代美議員、地検の聴取に応じる意向(読売新聞)
<民主党>枝野氏が県連代表を辞任…政務三役との兼任解消(毎日新聞)
不法残留、10万人割る=法務省(時事通信)
posted by シモヤマ ノブオ at 04:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。