2010年02月10日

証人尋問で遮蔽措置「気分悪くなった」 秋葉原殺傷公判(産経新聞)

 東京・秋葉原の無差別殺傷事件で殺人罪などに問われた元派遣社員、加藤智大被告(27)の第3回公判が5日、東京地裁(村山浩昭裁判長)で開かれ、目撃者の男性の証人尋問が行われた。男性の希望で傍聴席から男性が見えないよう遮蔽(しゃへい)措置が取られた。

 男性は、加藤被告が運転するトラックが3人をはねる状況を法廷で絵に描き、「猛スピードでトラックが突進した」などと説明。「目撃して気分が悪くなった。事件後、道路を歩いているときに、襲われてしまわないかと不安に思うことがある」と述べた。

 また、証人尋問に先立ち、被害者のけがに関する証拠調べが行われた。検察側提出の証拠によると、トラックにはねられた被害者はいずれも、致命傷の他に全身に複数の骨折を負っていた。ナイフで刺された被害者も、10センチ以上の深さの刺し傷があるなど、生々しいけがの状況が明らかにされた。

 起訴状によると、加藤被告は平成20年6月8日、東京・秋葉原の交差点にトラックで突っ込み、3人をはねて殺害。さらにダガーナイフで4人を刺殺したほか10人にけがを負わせたなどとしている。

【関連:秋葉原殺傷第3回公判ライブ】
(3)「人がトラックにひかれ転がり…」衝立の向こうで生々しい証言
(2)明かされる遺体や傷の状況… うつろな瞳で聞き入る被告
(1)「見えてはいけない映像」傍聴席に丸見え? 急にモニターずらす
メル友女性に顔写真送ると返信途絶え…「容姿に強いコンプレックス」
「どじ」「ひねくれもの」… 加藤容疑者、小中の文集で自己分析

「ねずみ男」テーマに8劇団“競演”(産経新聞)
【私も言いたい】テーマ「紙の辞書か、電子辞書(検索)か」(産経新聞)
町村会側から持ち掛け=前副知事への100万円−福岡県警(時事通信)
国公立大倍率、4.4倍=不景気で5年ぶり高水準−文科省(時事通信)
<公設派遣村>退所後に住まい確保、502人(毎日新聞)
posted by シモヤマ ノブオ at 17:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。