2010年02月19日

地中海マグロが「おいしい」=苦境打開へ、あの手この手(時事通信)

 国際規制により食べられなくなる可能性もある地中海産の養殖クロマグロが、おいしくなってきたと評判だ。生産減に加え、不況による取引価格の低迷が追い打ちを掛ける中、付加価値を高めようと、生産者らがさまざまな工夫を凝らしている。
 首都圏に69店舗を展開する回転すしチェーンの銚子丸(千葉市)は1月下旬から、生のトルコ産養殖クロマグロを使ったにぎりすしの特売フェアを実施している。
 同社は年間を通して世界中から高級マグロを仕入れているが、「トルコ産は養殖特有のにおいや不自然な脂乗りがなく素晴らしい仕上がり」(三浦光存スーパーバイザー)と太鼓判を押す。これまでの地中海産と比較しても、「質の向上が目覚ましい」とすし店などの間で話題になったほど。
 味が良くなった理由についてある輸入業者は、「えさに鮮度が良い生の魚やハーブなどを混ぜた高価な飼料を使っているため」と明かす。さらに、天然魚の漁獲枠が減少した影響でいけすに入れる魚が減り、「過密な生育環境が改善されて運動量が増えたこともプラス要因」という。 

【関連ニュース】
〔動画特集〕築地市場マグロ競り-大人の社会見学
【特集】築地発「新鮮!魚の情報」
〔写真特集〕築地市場マグロ競り-大人の社会見学
マグロ取引禁止案の採択勧告=日本の立場厳しく
禁止案の採否は「微妙な差」=クロマグロ取引維持に全力

都内で今年初のスギ花粉(産経新聞)
国庫負担肩代わりに反対運動展開へ−健保連(医療介護CBニュース)
<訃報>市村吉五郎さん92歳=歌舞伎俳優(毎日新聞)
田村参院議員、民主会派入り(時事通信)
<群馬・たまゆら火災>借金返済のため運営 高桑容疑者供述(毎日新聞)
posted by シモヤマ ノブオ at 17:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

<たまゆら火災>増改築重ね違反14件(毎日新聞)

 昨年3月の火災で死者10人を出した群馬県渋川市の老人施設「静養ホームたまゆら」には、建築基準法や同法施行令、火災予防条例に違反する事案が計14件あった疑いがあることが11日、県警渋川署捜査本部の調べで分かった。業務上過失致死の疑いで逮捕されたNPO法人「彩経会」理事長、高桑五郎容疑者(85)=同市北橘町八崎=らが無届けで増改築を繰り返すなどした結果とみられ、捜査本部は詳しい経緯を調べている。【鳥井真平】

 ◇火気使用の基準満たさず

 捜査本部によると、建築基準法と同法施行令の違反は計13件。避難経路に増改築された壁計6カ所▽火元付近とみられる西側奥の居室の天井▽食堂の内壁−−の8件は耐火材を使用せず、燃えやすいベニヤ板などを使用していた。さらに、食堂には調理場などに必要な不燃材を使用していないなど、全体が火気使用の基準を満たしていなかった。また、05年8月に北別館の北側に増築された居室(時効)▽06年9月に増築された食堂(同)▽07年5月に増築された火元付近とみられる西側奥の居室▽西別館の事務所−−の計4件は建築確認申請をしていなかった。

 このほか、食堂出入り口の南京錠▽居室と食堂を結ぶ引き戸のつっかい棒▽火元付近とみられる西側奥の居室から食堂に抜ける引き戸−−の3カ所は出火当時、徘徊(はいかい)防止のため施錠されていた。食堂の南京錠は避難口を施錠しており、渋川地区広域市町村圏振興整備組合火災予防条例違反に当たるという。

 捜査本部が昨年11〜12月、施設を再現して実施した燃焼実験では、耐火材を用いた施設に比べ、燃え広がるのが10分以上も早かったといい、耐火材の不使用が被害を拡大した要因とみて調べる。

 ◇理事長「施錠を指示」…避難、事実上不可能

 業務上過失致死の疑いで群馬県警渋川署捜査本部に逮捕された「彩経会」理事長、高桑五郎容疑者が捜査本部の調べに対し、「施設内の施錠は私が指示した」と供述していることが11日、捜査幹部への取材で分かった。捜査本部は、避難経路にある引き戸3カ所が出火当時、徘徊(はいかい)防止のため施錠されており、「入所者の避難は事実上、不可能だった」とみている。

 高桑容疑者は出火5日後の昨年3月24日の会見で、「徘徊しないようにしろと言った」などと話す一方で、「通路に錠はない。つっかい棒をしろという指示はしていないが(つっかい棒をしていることは)知っていた」などと、あいまいな説明をしていた。

 元ヘルパーの女性は11日、毎日新聞の取材に対し、「施錠は入所者を拘束することになるので、どうしても必要なら(入所者を紹介した東京都墨田区などに)報告してからにすべきだと、高桑容疑者に何度も意見した。避難経路の確保も訴えたが、現場に反映されなかった」と話した。

 捜査本部は、たまゆらが高齢者の入浴や排せつ、食事の介助などをしていたことから、実質的に有料老人ホームに該当すると判断。業務上の注意義務が発生すると認定し、さまざまな違反を総合して強制捜査に踏み切った。捜査本部は11日午前、彩経会の事務所や高桑容疑者の自宅など計7カ所を業務上過失致死の疑いで家宅捜索し、会計書類やパソコンなど30点を押収した。【鳥井真平、塩田彩】

【関連ニュース】
老人施設火災:理事長ら2人を逮捕 業務上過失致死容疑
老人施設「静養ホームたまゆら」火災
群馬・渋川の老人施設全焼:理事長逮捕 無届け運営、今も 反発受けた慰霊碑構想
渋川の老人施設全焼:たまゆら理事長逮捕 関係者「理想と行動伴わず」 /群馬

小児がんのQOLを考えるシンポジウム 21日に大阪で(産経新聞)
党首討論、守りの首相 “決断”なければ反転困難(産経新聞)
<上野動物園>パンダ復活で街も復活…来園者回復の切り札に(毎日新聞)
「表に出せない金、記載せず」=民主・小林氏資金団体の会計担当者(時事通信)
<日中窃盗団>69人送検 被害15億円相当 京都府警など(毎日新聞)
posted by シモヤマ ノブオ at 16:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

府中で女性変死、夫とみられる男性は飛び降り(産経新聞)

 11日午前8時15分ごろ、東京都府中市美好町のマンションで、女性が首から血を流して死亡しているのを、訪れた知人男性が発見した。女性はこの部屋に住む中国籍の20代とみられ、警視庁府中署は身元の確認を急ぐとともに、事件と自殺の両面から捜査している。

 同署によると、女性は室内であおむけに倒れていた。首には刃物で切られたような傷があり、部屋の中からは血の付いた刃物が見つかった。死後1〜2日程度経過しているとみられ、玄関は施錠されていた。

 10日午後10時過ぎには、女性の夫とみられる中国籍で20代の男性会社員が、市内にある別のマンション10階から飛び降り、腰の骨を折る重傷を負って入院していた。男性の同僚が、着替えを取るために部屋を訪れたところ、女性が倒れているのを見つけたという。

 同署は男性の容体が回復次第、事情を聴く方針。

【関連記事】
犯行防げず…県警の捜査は適切だったのか 鳥取連続不審死
チャンネル争いでトラブル? 簡易宿泊施設の変死事件で男を逮捕
女性が浴室で変死 事件両面で捜査 東京・目黒
マンションで女性変死 自殺、他殺の両面で捜査
東京・南青山で変死の男性、首に切り傷 警視庁が殺人事件で捜査

コーエー、「朝鮮海」地図刷新へ ユーザー批判に配慮(産経新聞)
民主離党の石川議員「一議員として職責果たす」(産経新聞)
慢性疾患の2分野を「認定看護師」に追加―日看協(医療介護CBニュース)
ブルネイの王、クリントン…200億集金「サンラ・ワールド」の壮大な釣り針(産経新聞)
群馬「たまゆら」10人死亡火災、理事長逮捕 業過致死容疑(産経新聞)
posted by シモヤマ ノブオ at 04:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。